緊急
「2017年度大会に参加するために」
2016年度中は2017年度の選手登録はできません。すべて2016年度の登録となり、2016年度の登録費が発生してしまいます。
3月になってから来年度の選手登録のつもりで登録をした団体については、下記の処理を行い2016年度登録を取り消してください。

==この手順はメールで連絡済み===========
【手順】
1、登録団体機能メニューの団体登録変更画面で年度登録が2017年度になっていたら2016年度に戻す
2、登録状況確認(登録団体申請書)画面で申請ボタンをクリック
3、未申請者が画面に出ていれば「申請用紙表示」ボタンをクリックして印刷する(申請書に記載する)※
4、登録団体機能メニューの競技者登録照会・変更・削除(一覧表示)をクリック
5、先ほど正規登録した選手の「削除」をクリック(一覧から削除する)
6、削除した選手名、登録番号を情報委員長犬塚までメールでお知らせ下さい。
(7、情報委員会が管理者の機能で申請取消救済機能で申請書に記載した選手を削除します。☆)
8、登録団体機能メニューの団体登録変更画面で年度登録を2017年度に戻す。
※登録しただけでは登録料が発生するだけで、申請をしないと救済措置ができない。
☆救済措置の反映は、月締めなので4月になるまでは、未入力金額が表示されます。
 3月4週目、5週目で救済措置をします。早めにお知らせ下さい。
========================
【2017年度の大会に参加させる手順】
1、エントリー用登録に、「翌年度」にチェックを入れて登録する。
  (登録番号は今まで持っているものを使って下さい。)
2、大会にエントリーする。
3、4月になったら、エントリー用登録から競技者登録に変更する。
========================

大変お手数で、申し訳ありませんが、2016年度登録費未入金があるとカウントされた状態では、ログイン制限の対象になりかねないので、その解消をしておく必要があります。よろしくお願いします。


WebSWMSYSの定期点検は、
第二水曜日 9:00~最長21:00、点検終了までWebSWMSYS使えなくなります。
大会エントリー等、見通しをもって処理して下さい。

日本水泳連盟選手登録は。「1選手生涯1登録番号」です。
スイミングと学校(実業団)で、同じ番号です。
・卒業→進学:進学先でも同じ番号です。
・スイミングを異動しても、同じ番号です。
・選手登録を中断、しばらくして再開しても、同じ番号です。
・都市対抗や国体に出場するためのエントリー登録も、同じ番号です。
・中学校の水泳部で大会に出場した人は、必ず番号を持っています。
 高校やスイミングでも同じ番号で登録します。
・エントリー登録も一度でも行えば、今後はその番号で登録、エントリー登録を行って下さい。
 「登録番号連絡カード」を利用して、選手の番号を伝え合って下さい。

※いくつもの登録を持っている、「沢・澤」「高・髙」など、文字の違う別人として登録されている等、「重複登録」があれば、情報処理委員会に連絡下さい。
「マージ処理」により、選手の記録をまとめます。

お知らせ